難関17小学校の出題傾向を分析した32科目320枚のプリントを1枚10円で販売中! サンプルを見る

春の行事【ひなまつり】小学校受験の季節問題でおさえておきたいポイントまとめ

小学校受験_問題_季節_春_ひなまつり

※当サイトは一部内容を文部科学省子供たちの未来を育む家庭教育国立教育政策研究所を参考にしています。

小学校受験において「季節」は何度も経験することができないので、多くのご家庭で苦労する課題ではないでしょうか。

この記事では、季節で問われる「ひなまつり」について覚えておきたいポイントをまとめています。

イラストや写真、動画も交えて紹介しているので、季節学習の一環としてお子さんと使ってもらえると嬉しいです。

目次

ひなまつりについて

ここでは「子供にひなまつりを説明する」ことを意識して文章にしてみました。

お子さんに読んであげてみてください。

「ひなまつり」ってなに?

ひなまつりは、毎年3月3日に行われる、女の子のためのお祭りなんだよ。

女の子が元気に、そして幸せに大きくなれるように願いを込めてお祝いするんだよ。

お雛様と桃の花

ひなまつりでは、お雛様という特別な人形を飾るんだ。

お雛様には、お姫様とお内裏様(おだいりさま)という大切な二人がいて、彼らは女の子の幸せを見守ってくれているんだよ。

そしてね、部屋には桃の花も飾るんだ。

桃の花はとってもきれいで、春が来たことを教えてくれるんだよ。

桃の花には、悪いものを遠ざけて、家族を守る力があると言われているんだ。

おいしいごちそう

ひなまつりには、色とりどりのおいしいごちそうもあるよ。

ちらし寿司やひなあられ、桜餅など、見た目もかわいくて、食べると笑顔になっちゃうようなお料理なんだ。

これらのごちそうは、みんなが健康でいられるように、そしていつも幸せであるようにとの願いが込められているんだよ。

みんなでお祝い

ひなまつりは、家族や友達と一緒にお祝いすることで、もっと楽しくなるよ。

お雛様を飾ったり、おいしいごちそうを食べたり、楽しいお話をしたりしながら、大切な人たちと一緒に素敵な時間を過ごそうね。

ママパパ向けの詳しい解説はコチラをクリック

ひなまつりとは

1. ひなまつりの意味と起源

  • 意味: ひなまつりは、女の子の健やかな成長と幸福を願う日です。毎年3月3日に行われます。
  • 起源: 古来より伝わる節句の一つで、季節の変わり目に悪霊を払い、厄を祓う意味合いがありました。

2. 主な風習と飾りつけ

  • お雛様: 天皇、皇后の人形を中心に、官女、五人囃子、従者などを飾る七段飾りが代表的。家庭によっては簡略化された飾りつけもあります。
  • 飾りつけの時期: 人形は早いところでは節分の後、遅くとも3月3日より前に飾り、ひなまつりが終わったら早めに片付ける風習があります。長く飾りすぎると結婚が遅れるという言い伝えも。

3. 関連する食べ物

  • ちらし寿司: 色とりどりの具材で春を感じさせる料理。
  • ひなあられ: 甘いかしょっぱいかの二種類があり、小さな形状のものが多い。
  • 白酒(しろざけ): 祝いの席で飲まれる甘いお酒。
  • 桜餅: 春を象徴する桜の葉で包んだ餅。

4. の他の習慣や文化

  • ひな遊び: 昔の子どもたちは、ひな人形と共に遊び、茶会を開くこともありました。
  • 健康と安全の願い: ひなまつりは単なる季節の行事ではなく、子どもたちの健康と安全を願う大切な日です。

ひなまつりに関わるイラスト、写真、動画

季節や行事は実際に体験することが重要です。

加えて「覚える」という観点では、色々な絵や写真、動画を見ることで様子や雰囲気を含め、学ぶことができるので、ここにまとめておきます。

お子さんとお話をしながらみてみてください。

イラスト

桜・梅の花・桃の花の見分け方

「花」は小学校受験で「季節」と混ぜてよく出題されます。中でも、桜・梅・桃はイラストではよく似ているので、見分けるポイントを覚えておきましょう。

桜は花の咲きが割れている
梅は花のさきが丸い
桃は花のさきがとがっている

写真

動画

ご意見・ご感想・ご要望など、お気軽にご連絡ください!

「お受験プリント」では、管理人が過去に作成したプリントを清書したものを配信しています。

もし「反復用にこの問題の”そっくり問題”が欲しい!」などのご要望がありましたら、お問い合わせフォームからご連絡を音がいします!

全てのご要望に応えられるかは分かりませんが、頑張ります!

ご要望のほかにも、ご意見・ご感想などいただけると嬉しいです!

*作成した問題は「お受験プリント」上で配布することもあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

我が家では2017年に娘、2022年に息子が小中高一貫校にご縁をいただきました。

共働き夫婦のワーママとして、毎日職場まで片道1時間の通勤時間と小学校受験を両立させるのはものすごく大変でしたが、二人の受験を通して約7年間、子供達と小学校受験に向き合ってきました。

このサイトでは、これまで手作りしてきたプリントを清書して配布しています。

一人でも多くのお子さんやご家族のお役に立てたら幸いです。

目次