難関17小学校の出題傾向を分析した32科目320枚のプリントを1枚10円で販売中! サンプルを見る

【無料の小学校受験問題】一筆書き(ひとふで書き)問題の無料プリントと二人の子供達と乗り越えた方法

小学校受験問題_無料_ひとふで書き_サンプル

※当サイトは一部内容を文部科学省子供たちの未来を育む家庭教育国立教育政策研究所を参考にしています。

この記事では、私が子供たちに教えた際の経験をもとに、ひとふで書き問題の解き方、子供が苦戦したポイント、教えるのに苦労した点、我が家なりの教え方のポイントについて紹介させていただきます。

一筆書き(ひとふで書き)は、シンプルながら奥深いパズルのような問題で、論理的思考、注意力、そして学習への好奇心を養う素晴らしい機会となります。

私自身、子供二人の小学校受験を経験してきた母として、一筆書き問題が子供たちの成長に大きく貢献したと感じています。

この記事では、一筆書き問題を通じて子供たちの様々なスキルをどのように育て、学習の楽しさを学ぶことができたのか、我が家での取り組みを紹介させていただきます。

お受験プリントオリジナル「一筆書き問題5枚無料プリントのご案内

記事内容に入る前に、無料プリントのご案内です!
ダウンロード方法はサンプルの下でご案内してます。

反復練習にぜひ、ご活用ください!

まずはサンプル

サンプルをご覧いただき、ご自宅で使えそうでしたら、ぜひダウンロードに進んでください。

スクロールできます
スクロールできます
小学校受験問題_無料_ひとふで書き_サンプル
小学校受験問題_無料_ひとふで書き_サンプル
小学校受験問題_無料_ひとふで書き_サンプル
小学校受験問題_無料_ひとふで書き_サンプル

簡単3ステップ:5枚無料プリントのダウンロード

お受験プリントの公式LINEアカウントを友だち追加いただいた方に、PDF版の無料プリントをプレゼントしています。

このブログを続けるモチベーションになりますので、ぜひ友だち追加をお願いします!

STEP
お受験プリント公式LINEをお友だち追加
URLから友だち追加QRコードで友だち追加
https://lin.ee/uSSNIeJ

または、ボタンで追加

友だち追加
STEP
「一筆書き」とメッセージで送ると、URLが自動で届きます

*写真は「回転図形」のサンプルです。

STEP
URLをクリックして完了!

*パソコンでURLを開くと自動でダウンロード画面になります。

*PDF版の最後には「答え」がついてますが、無料プレゼントしている5枚以外の答えもついています。ご興味いただけましたら、以下のNoteもご覧ください*

ダウンロードエラーになってしまったらこちら

無料プリントのURLがLINEアプリで開けないことがあります。

もしも「ページが開けません」というエラーになってしまったら、右下の「・」が3つ並んだボタンをクリックして「ブラウザで開く」をクリックしてください。

プリントを開くことができます。

目次

はじめに

「一筆書き問題」の重要性

一筆書き問題は、論理的思考、問題解決能力、そして創造性を養うために非常に重要です。

小学校受験に挑戦する子供たちにとって、一筆書き問題は頭を柔軟にし、様々な角度から物事を考える訓練になります。

我が家の子供たちと取り組んだ経験から言えるのは、一筆書き問題が彼らの思考力を飛躍的に向上させたことです。

このシンプルな問題を解く過程で、子供たちは複数の解決策を考え、最適な答えを見つけるための戦略を練ることを学びます。

二人の子供達との取り組み

我が家でもお姉ちゃんと弟、二人の子供たちが小学校受験で一筆書き問題に挑戦しました。

二人は性格も学習スタイルも異なり、それぞれに合ったアプローチを見つけることが重要でした。

お姉ちゃんは集中力が高く、一度に多くの問題を解くことができましたが、弟は短時間での集中が得意で、頻繁に休憩を挟むことで最高のパフォーマンスを発揮しました。

この違いを理解することで、私はそれぞれのペースに合わせた学習プランを立て、一筆書き問題を楽しみながらも効果的に取り組むことができる環境を整えました。

また、問題を解く過程で子供たちが直面した困難に対して、一緒になって解決策を考えることで、彼らの思考プロセスをサポートしました。

この共同作業は、子供たちの自信を大きく高め、学習へのモチベーションを持続させることに貢献しました。

そもそも「一筆書き問題」とは?

「一筆書き問題」とは


「一筆書き問題」とは、全ての線を一度ずつだけ通り、すべての点を結ぶ問題です。

この問題の魅力は、そのシンプルさにありますが、解くためには論理的な思考が必要です。

始点から出発し、切れ目なく一筆で全ての線を辿り、最終的に終点に至るルートを見つけ出すことが目標です。

多くの場合、一筆書き問題には特定のルールが設けられており、それらのルールの下で最適な解答を見つけることが求められます。

子供たちにとって、この問題は思考力を養うだけでなく、計画性や先読みの能力を試す絶好の機会となります。

また、問題を解く過程で試行錯誤を重ねることが、論理的思考能力の向上につながり、学習意欲を刺激します。

「一筆書き問題」はなぜ難しいのか


「一筆書き問題」は、全ての線を一度ずつだけなぞって全ての点を結ぶ問題で、見た目のシンプルさとは裏腹に、論理的思考や先読みの能力を要求されるため、子どもたちにとってはなかなかの挑戦となります。

この問題が難しい一番の理由は、直感だけでは解けないことにあります。

多くの子どもたちは、始点から適当に線を引き始めますが、途中で行き詰まりやすいのです。

これは、特定のルールや戦略を知らないと、効率的に解くことが困難であるためです。

また、一筆書き問題には、線を引く順序や、どの点を「経由点」として選ぶかという戦略的判断が求められます。

子どもたちがこの問題に苦戦するのは、複数の要素を同時に考慮し、複雑なパターンを頭の中で想像しながら解答を導き出さなければならないからです。

初めてこの種の問題に挑戦する子供たちは、失敗を重ねながらも、試行錯誤を通じて問題解決の技術を学んでいきます。

「一筆書き問題」が難しいのは、単に正解を導くことではなく、問題解決に至るプロセスそのものに深い理解と論理的思考が必要とされるからです。

「一筆書き問題」の種類

一筆書き問題にはさまざまな種類があり、それぞれが子供たちの論理的思考や観察力を養うのに役立ちます。

基本的な形から始まり、より複雑な構造を持つ問題まで、幅広いバリエーションが存在します。

最もシンプルなのは、四角や三角などの基本的な図形を使った一筆書きです。

これらは、基本的なルールを理解するのに役立ちます。

次に進むと、グリッド状のパターンが登場します。

これらは点と点を結ぶ線で構成され、子供たちは全ての点を結んで一つの閉じた形を作る必要があります。

より高度なバージョンでは、特定の点を通過しなければならないルールや、一定の線を避ける必要がある場合もあります。

これらは、子供たちに計画性と戦略を考えさせる良い機会を提供します。

一筆書き問題の種類が多岐にわたることは、子供たちにとって多様な挑戦と学びの機会を提供します。

初級レベルから始めて徐々に難易度を上げていくことで、子供たちは段階的に自分の論理的思考力を強化し、より複雑な問題にも対応できるようになります。

「一筆書き問題」の練習方法

「一筆書き問題」の練習方法を考える際、効率的かつ楽しいアプローチを取り入れることが重要です。

この種の問題は、子供たちの論理的思考能力と観察力を鍛える絶好の機会となります。

最初に、基本的な形からスタートし、徐々に複雑な図形へと進むことで、子供たちは段階的にスキルを向上させることができます。

また、一筆書きのパズルを色々な形で実践することも有効です。

練習を重ねる中で、子供たちには自分自身で問題を作成させる活動も取り入れると良いでしょう。

自分で問題を考えることで、彼らの創造性と問題解決能力がさらに高まります。

効果的な練習方法の一つとして、問題を解いた後に解答過程を振り返る時間を設けることも重要です。

どのような思考プロセスで解答に至ったのか、またはどこで詰まってしまったのかを分析することで、子供たちは自分自身の思考方法を理解し、次に同じ問題に直面した時にどう対処すれば良いかを学びます。

このような反省は、子供たちが自己学習能力を高め、将来的により複雑な問題に対応できるようになるための基礎を築きます。

一筆書き問題で子供が苦戦したポイント

スタートとゴールの選択

一筆書き問題を解く際に、子供たちが直面する初めの難関は、適切なスタートポイントとゴールポイントを選択することです。

この選択は問題の成功解決への第一歩であり、しばしば子供たちはどの点から始めればよいか、どの点で終わるべきかについて迷います。

様々な問題を解いてみる実践を通じて、子供たちが自然と最適なスタートとゴールのポイントを見つけられるように促すことが効果的です。

問題を解き始めることで、問題の構造をより深く理解し、どのように進めば全ての点を効率的に結べるかの感覚を養うことができます。

このプロセスは、子供たちにとって試行錯誤の重要な機会となり、問題解決に向けての洞察力や論理的思考能力を育てます。

スタートとゴールの選択を通じて、子供たちは一筆書き問題の基本的な解法だけでなく、問題に対するアプローチ方法についても学びます。

線の引き方の理解

一筆書き問題では、すべての点を一度ずつ通過することが求められます。

このルールを理解し、実践することは、子供たちにとって意外と難しいことがあります。

特に、線をどのように引くか、どの順序で点を結んでいくかの理解が、問題解決の鍵となります。

子供たちはしばしば、問題に直感的にアプローチします。

つまり、計画なしに点と点を結び始めることが多いのです。

しかし、この方法では問題の後半で行き詰まりやすくなります。

なぜなら、すべての点を結ぶことができるルートを見つけるには、事前の計画と戦略が必要だからです。

教える過程で、子供たちにはまず、問題をじっくり観察することの重要性を伝える必要があります。

それに基づいてスタート点とゴール点を選ぶ練習をさせることが重要です。また、可能なルートを頭の中で考え、いくつかの異なるアプローチを考えてみることも、線の引き方を理解する上で役立ちます。

この過程で、子供たちは試行錯誤を重ねることになりますが、それは学習過程の重要な部分です。

間違いから学び、異なる戦略を試すことで、最終的にはより効果的な解決策を見つけ出すことができるようになります。

線の引き方の理解を深めることは、単に一筆書き問題を解く技術を超え、論理的思考と問題解決能力を育てる貴重な機会となるのです。

試行錯誤のプロセス

一筆書き問題における「試行錯誤のプロセス」は、子供たちの学習において非常に重要な役割を果たします。

このプロセスを通じて、子供たちは失敗から学び、問題解決のための新しいアプローチを見つけ出すことができます。

しかし、失敗に直面したとき、正しい方向へと進むための適切な試行錯誤の方法を見つけることは、子供たちにとって大きな挑戦です。

一筆書き問題では、全ての点を一度だけ通過するという目標を達成するために、どの線をいつ引くかを決める必要があります。

子供たちが初めてこの種の問題に取り組むとき、彼らはしばしば行き詰まり、どのようにして先に進めばよいかを見失いがちです。

このような状況で重要なのは、子供たちが一つの解法に固執せず、異なるルートを試してみることを促すことです。

試行錯誤の過程で、子供たちはどの選択肢が機能しないかを学び、徐々により効率的な解法に近づいていきます。

試行錯誤のプロセスをサポートするために、子供たちには失敗を恐れずにさまざまな可能性を探るように励まし、失敗が学習プロセスの一部であることを理解させることが重要です。

また、子供たちが新しい試みを行うたびに、その過程と結果を振り返り、何がうまくいき、何がうまくいかなかったのかを話し合うことで、論理的思考力と問題解決能力を養うことができます。

さらに、試行錯誤のプロセスを通じて、子供たちは忍耐力と持続力を発達させ、挑戦に対する自己効力感を高めることができます。

問題に対する異なるアプローチを試すことで、最終的にはより複雑な問題にも対応できるようになり、学習に対する自信と積極性を育むことができるのです。

一筆書き問題で教えるのに苦労した点と教え方のポイント

概念の説明の難しさ

一筆書き問題を子供たちに教える過程で直面する一つの大きな挑戦は、問題の背後にある論理的な概念をわかりやすく説明することです。

特に、一筆書き問題が求める「経路の計画」という概念は、子供たちにとっては直感的に理解しにくい場合があります。

経路を計画する際には、すべての点を通過する最も効率的な方法を見つけ出す必要があり、これには前もって何歩か先のことを考える能力が求められます。

このような複雑な思考プロセスを子供たちに説明するためには、具体的な例やゲームを取り入れることが効果的です。

たとえば、簡単な迷路を用いて「スタート地点からゴール地点までの最短経路を見つける」というゲームは、一筆書き問題の基本的な概念を理解するのに役立ちます。

子供たちが実際に迷路を解くことで、経路を計画する際の思考プロセスを自然と学ぶことができます。

子供たちの集中力を維持する戦略

一筆書き問題のような課題に取り組む際、子供たちの集中力を維持することは教育の大きな挑戦の一つです。

特に小学校受験の準備となると、長時間の集中が求められるため、子供たちが飽きずに学習を続けられるような戦略が必要になります。

一つの効果的な方法は、学習活動にバリエーションを持たせることです。

例えば、一筆書き問題を解くだけでなく、図形を描いたり、色を使ってパターンを作ったりするなど、様々なアクティビティを組み合わせることで、子供たちの興味を引き続けることができます。

これにより、同じタイプの問題に対する飽きを防ぎつつ、様々な角度からの理解を深めることができます。

また、短い休憩を定期的に取り入れることも重要です。研究によると、人は一定時間集中した後、短い休憩を取ることで再び集中力を高めることができるとされています。

子供たちにもこの原則を適用し、学習の間に短い運動や自由遊びの時間を設けることで、彼らの集中力を持続させることができます。

学習の目標を明確に設定し、達成ごとに小さな報酬を与えることも、集中力を高める効果的な戦略です。

目標が達成されるたびにポジティブなフィードバックを提供することで、子供たちは学習に対するモチベーションを保つことができます。

報酬は物理的なものである必要はなく、新しいゲームでの遊びの時間やお気に入りの本を読む時間など、子供たちが楽しめる活動であれば何でも良いでしょう。

これらの戦略を通じて、子供たちは一筆書き問題を含む様々な学習活動に対して、より長く集中し、かつ積極的に取り組むことができるようになります。

集中力を維持することは、学習効率を高めるだけでなく、学習そのものの楽しさを実感する上でも非常に重要です。

論理的思考力の発展を促す方法

一筆書き問題を解く過程では、子供たちの論理的思考力を発展させることが重要です。

このスキルは、問題を解析し、効率的な解決策を見つけるために必要な能力であり、日常生活や将来的な学習においても役立ちます。

論理的思考力を養うための効果的な方法には、以下のようなものがあります。

まず、子供たちに一筆書き問題のバリエーションを提供することが有効です。

異なる形状やサイズの問題を解かせることで、子供たちは様々な状況に適応し、問題を多角的に見る能力を養います。

例えば、複数の解が存在する問題や、特定のルールを適用しなければならない問題を通じて、子供たちは自分自身で戦略を立て、最適な解法を見つけ出す方法を学びます。

次に、子供たちに問題解決のプロセスを声に出して説明させることも有効です。

この方法は、彼らが考えを整理し、論理的に思考するプロセスを促します。子供たちが自分の考えを言葉にすることで、思考の流れを明確にし、論理的な矛盾やギャップを自ら発見できるようになります。

反復練習も重要です。一筆書き問題を定期的に解かせることで、子供たちは問題解決に必要な論理的スキルを徐々に発達させることができます。

反復を通じて、彼らは以前に学んだ概念を確実に理解し、新しい問題に適用する方法を学びます。

これらの方法を組み合わせることで、子供たちは一筆書き問題を解くだけでなく、日常生活で直面する様々な課題に対しても、論理的かつ効果的に対処できるようになるでしょう。

論理的思考力は学び続ける過程で発展するため、子供たちにはこのスキルを楽しみながら育てていくことが大切です。

まとめ

一筆書き問題は、子供たちにとって単なる問題以上のものです。

この問題を解く過程では、論理的思考、集中力、そして持続可能な学習への興味が養われます。

我が家の子供たちと一緒に一筆書き問題に挑戦してきた経験は、彼らが直面する様々な課題に対して自信を持って取り組む力を育てました。

この記事を通じて、一筆書き問題の重要性、子供たちが直面する挑戦、そしてそれらの課題を乗り越えるための指導法についてご紹介させていただきました。

お受験プリントオリジナル「一筆書き問題」無料プリント

最後に、自作の一筆書き問題のプリントを再度ご案内させていただきます!
反復練習にぜひ活用してください!

まずはサンプル

サンプルをご覧いただき、ご自宅で使えそうでしたら、ぜひダウンロードに進んでください。

スクロールできます
スクロールできます
小学校受験問題_無料_ひとふで書き_サンプル
小学校受験問題_無料_ひとふで書き_サンプル
小学校受験問題_無料_ひとふで書き_サンプル
小学校受験問題_無料_ひとふで書き_サンプル

簡単3ステップ:5枚無料プリントのダウンロード

お受験プリントの公式LINEアカウントを友だち追加いただいた方に、PDF版の無料プリントをプレゼントしています。

このブログを続けるモチベーションになりますので、ぜひ友だち追加をお願いします!

STEP
お受験プリント公式LINEをお友だち追加
URLから友だち追加QRコードで友だち追加
https://lin.ee/uSSNIeJ

または、ボタンで追加

友だち追加
STEP
「一筆書き」とメッセージで送ると、URLが自動で届きます

*写真は「回転図形」のサンプルです。

STEP
URLをクリックして完了!

*パソコンでURLを開くと自動でダウンロード画面になります。

*PDF版の最後には「答え」がついてますが、無料プレゼントしている5枚以外の答えもついています。ご興味いただけましたら、以下のNoteもご覧ください*

ダウンロードエラーになってしまったら

無料プリントのURLがLINEアプリで開けないことがあります。

もしも「ページが開けません」というエラーになってしまったら、右下の「・」が3つ並んだボタンをクリックして「ブラウザで開く」をクリックしてください。

プリントを開くことができます。

ご意見・ご感想・ご要望など、お気軽にご連絡ください!

「お受験プリント」では、管理人が過去に作成したプリントを清書したものを配信しています。

もし「反復用にこの問題の”そっくり問題”が欲しい!」などのご要望がありましたら、お問い合わせフォームからご連絡を音がいします!

全てのご要望に応えられるかは分かりませんが、頑張ります!

ご要望のほかにも、ご意見・ご感想などいただけると嬉しいです!

*作成した問題は「お受験プリント」上で配布することもあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

我が家では2017年に娘、2022年に息子が小中高一貫校にご縁をいただきました。

共働き夫婦のワーママとして、毎日職場まで片道1時間の通勤時間と小学校受験を両立させるのはものすごく大変でしたが、二人の受験を通して約7年間、子供達と小学校受験に向き合ってきました。

このサイトでは、これまで手作りしてきたプリントを清書して配布しています。

一人でも多くのお子さんやご家族のお役に立てたら幸いです。

目次