難関17小学校の出題傾向を分析した32科目320枚のプリントを1枚10円で販売中! サンプルを見る

【青山学院初等部編】受かる子・合格した子のご家庭インタビュー:学校別対策シリーズ

青山学院初等部_受かる子

※当サイトは一部内容を文部科学省子供たちの未来を育む家庭教育国立教育政策研究所を参考にしています。

創立80年以上の歴史を持つ青山学院初等部は大学までの一環教育に注力しており、青山学院大学までの進学を視野に入れたご家庭に人気の高い学校です。

今回の記事では、青山学院初等部に合格されたご家庭にご協力いただいたオンラインインタビューの内容と学校のホームページから「覚えておきたい内容」をまとめました。(一部、学校説明パンフレットも引用しています)

青山学院初等部を受験される方はぜひ、参考にしていただけると嬉しいです。

学校説明会などの日程

学校説明会 第一回 2024年5月18日(土)、第二回 2024年9月7日(土)

ホームページはこちら: https://www.age.aoyama.ed.jp/admission/explanation/inperson.html

目次

覚えておきたい「青山学院初等部」の公式情報

ここでは学校のホームページ/パンフレットから覚えておきたい内容を引用してまとめています。

学校紹介動画: AOTube

礼拝堂
パートナー
初等部プール
きれいな自然
電子黒板
保健室
守衛さん

青山学院院長 山本 与志春氏 メッセージ

青山学院の教育は、キリスト教信仰にもとづく教育をめざし、神の前に真実に生き、真理を謙虚に追求し、愛と奉仕の精神を持って全ての人と社会とに対する責任を進んで果たす人間力の形成を目的とする。

パンフレットより

青山学院初等部 部長 小野 裕司氏 メッセージ

「Withコロナ」から「Afterコロナ」へ

何を「学力」とするかは、これからも社会の変化と共に変わっていくことでしょう。しかし、青山学院初等部の教育は変わることはありません。青山学院初等部が開校当初より大事にしている価値観は、どんな時代、社会にあっても決して揺らぐことがなく、必要とされる教育であるという自信と確信が私たちにはあります。

毎年、入学式や機会があるたびに「あなたがた一人ひとりが青山学院初等部です」というメッセージを子どもたちに伝えています。そうです、いつでもどこにいても、学校にいても家庭にいても、大切な青山学院初等部の子どもたちです。一人一人の子どもたちが、青山学院初等部の主役です。これからも子どもたち一人一人と繋がり、「かけがえのない一人」を大切に考えていきます。

まさに国難とも言える新型コロナウイルス感染拡大の中、様々制約を受けた3年間でした。子どもたちの感染予防を一番に考え、時に我慢をしながらもできることを試みてきました。その中で毎日、子どもたちの明るい姿や笑顔に元気をもらっています。どんな時でも、青山学院の建学の精神であるキリスト教信仰と教育方針に堅く立ち、一方で、新しい時代に生きる子どもたちを見据え、社会と時代の要請に応えていきます。86年の歴史を大切にしながらも、柔軟に、新たな学びと青山学院初等部ならではの質の高い教育をこれからも作り続けていきます。

ホームページより

青山学院の歴史

青山学院は、今から145年前にアメリカの宣教師たちによって始められた三つの学校をみなもとにしています。それは、1874年にスクーンメーカーによって麻布に開かれた女子学校、1878年に築地に開かれた耕教学舎、そしてよくとし、横浜に開かれた美會神学校(この二つは合同して東京英学校となる)の三校です。

これがのちに青山の地に移って青山学院の基を築き、今日に至りました。

その間、初等教育部門は1899年の文部省訓令12号により一時中断しましたが、1937年4月、米山梅吉の努力によって青山学院緑岡小学校として復活しました。

そして、1946年4月には青山学院初等部と改称され、1964年に青山学院創立90周年を記念して現在の地に移りました。

緑岡小学校以来、約9000人の卒業生を送り出しています。

パンフレットより

青山学院初等部 校舎

青山学院初等部は、渋谷区の東の外れに位置し、旧地名の緑岡に示されている通り、都会としては緑の多いとことです。

渋谷駅から都心にのびる高速3号線沿いに歩いて10分程度。付近には常陸宮邸、実践女子学園、国学院大学などがあります。

敷地は約1万平方メートル、4階建ての校舎の他に、ステンドグラスとパイプオルガンのある礼拝堂があります。

土と芝の校庭には樹齢を重ねたクスノキやケヤキの大木が木陰を作り、旧小松宮邸当時の日本庭園もそのままの姿を残しています。

パンフレットより

養育理念・目標

青山学院教育方針にもとづいて、神さまから与えられた賜物を活かし、感謝の心をもって祈り、神と人に仕える人間を育てることを理念としています。
そのために初等部の入学式では「5つのおやくそく」をして、生活の中で活かせるようにしています。

しんせつにします
しょうじきにします
れいぎただしくします
よくかんがえてします
じぶんのことはじぶんでします

初等部ではキリスト教の信仰にもとづく教育を行っています。ただ教義を理解するのではなくキリスト教精神を体で享受してもらうために、毎朝の礼拝や宗教の授業のほかに宗教行事を大切にしています。

家族や卒業生と共にまもる「クリスマス讃美礼拝」、「イースター礼拝」をはじめ母の日の「お母さんへの感謝の集い」や卒業生を招いて信仰にもとづく献身の話を聞く「花の日礼拝」など印象深い経験を重ねていきます。

また、児童の誕生日には、部長からひとりひとりにカードが手渡されます。

毎月の誕生日礼拝では、神の恵みを心から感謝し、毎月の第一週を献金週と決めておこづかいの中から感謝の献金を捧げています。

パンフレットより

特色のある教育

通信簿の代わりに「成長の記録」一人ひとりに合わせた個別学習指導

ランドセル廃止は1965年、学校での学習は学校での考え方の具現化でした。5日制は1972年、時間を家庭に返すという考え方でカリキュラムの精選もしました。
そして、評価は、日常評価を大切にし、PLAN・DO・SEE サイクルの「成長の記録」を採用し、児童・保護者・教員の三者面談をしながら個を大切にした、個に合った指導を考えていくようにしています。

体験から得た感動が子どもたちを成長させる

各学年で宿泊行事が設定されています。
1年生の「なかよしキャンプ」は、キリスト教オリエンテーションキャンプ、2年生の「農漁村の生活」は、生活科のプログラム、3・4年生の「山の生活」は、登山に親しむ生活キャンプ、5年生の「平戸 海の生活」は2kmの遠泳に挑戦、6年生の「洋上小学校」は小さな乗組員として航海体験、3~6年の「雪の学校」は雪を素材として縦割りの生活キャンプです。
これらの体験で感動を覚え、青山キャンパスでの生活とキャッチボールしながら子ども達が大きく成長していきます。

八ヶ岳の自然の中でのびのびと遊び、お友達や先生との交流を深めながら、楽しい発見や新しい体験をする1年生のオリエンテーションキャンプです。

ーなかよしキャンプー

パンフレットより

明るい太陽に輝く青い海と白い砂、切支丹の歴史を秘めた静かな浜辺が平戸島(九州)にあります。

こんな素晴らしい海と自然の中で泳がせたい・・・そう願ってもう50年、子どもたちが体験する2キロの遠泳も元気な仲間に支えられて、喜びなと自信を深めながら、感謝のうちに続けられています。

ー海の生活(5年)ー

パンフレットより

蒼々たる海、洋々タル大洋へ向かって、東海汽船の「さるびあ丸」は動く海の教室として出航します。黒潮を超えて、西日本の島々の自然や歴史、その風土の中で逞しく生きる素朴あ人々との出会いを通じて、6年生は海のロマンを体験します。

ー洋上小学校ー

パンフレットより

雪原の美しさ、雪山の厳しさの中で、楽しさと自己鍛錬を体験するダイナミックな行事です。3年生から6年生まで黒姫山麓に学校を移動します。

ー雪の学校ー

パンフレットより

【青山学院初等部編】受かる子・合格した子のご家庭インタビュー

お受験プリントでは「合格ママ」さんにご協力いただいてオンラインインタビューを行いました。ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。


管理人

この度はお時間をいただきましてありがとうございます!
まず初めに「青山学院初等部」を選んだ理由から教えていただけますか?

子供たちがのびのびと学べる環境が整っていると感じたのがきっかけです。校内の雰囲気がとても温かく、子供たちの様子も活発で楽しそうだったことが印象的でした。

校内の施設も充実しており、学習や運動に適した環境が整っていることも魅力的でした。

将来的に一貫校としての教育を受けられることも、受験を決める大きなポイントでした。

合格ママさん
管理人

ありがとうございます。実際に通ってみていかがですか?

入学前に感じていた印象そのままといった感じです。

先生方が親切で、子供も毎日楽しく通っています。

学校の雰囲気は穏やかで、子供たちが自主的に学ぶ姿勢を育ててくれる教育方針が素晴らしいと感じています。

また、子供が新しい友達を作り、様々な活動に積極的に取り組む姿を見ると、この学校を選んで良かったと感じます。

合格ママさん
管理人

素晴らしいですね。
青山学院初等部というと、かなりの人気校ですがどのような対策を意識してましたか?

青山学院初等部の入試では集団テストの時間が長く、協調性やコミュニケーション能力も重視されると聞いていたので、集団での活動に慣れるよう、友達と遊ぶ時間を意識的に作りました。

また、絵本や図鑑を使って自然に興味を持たせたり、パズルやブロック遊びを通じて論理的な思考力を育てることにも取り組みました。

他には、家での勉強時間を決めてコツコツと取り組む習慣をつけたり、親子で一緒にペーパーを勉強する時間を持ったりしました。

子供が自主的に学べるように、興味や関心を尊重しながら、環境を整えることも意識しました。

合格ママさん
管理人

その他、意識していたことなどはありますか?

親子で一緒に読書を楽しみ、読んだ本について話し合うことで、子供の考える力を養うように意識をしていました。

読書習慣を持つことで、子供の語彙力や想像力が育ち、結果として学力全般の向上にも繋がったと感じています。

合格ママさん

お受験プリントでは、ペーパー対策がいっぱい!


ご意見・ご感想・ご要望など、お気軽にご連絡ください!

「お受験プリント」では、管理人が過去に作成したプリントを清書したものを配信しています。

もし「反復用にこの問題の”そっくり問題”が欲しい!」などのご要望がありましたら、お問い合わせフォームからご連絡を音がいします!

全てのご要望に応えられるかは分かりませんが、頑張ります!

ご要望のほかにも、ご意見・ご感想などいただけると嬉しいです!

*作成した問題は「お受験プリント」上で配布することもあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

我が家では2017年に娘、2022年に息子が小中高一貫校にご縁をいただきました。

共働き夫婦のワーママとして、毎日職場まで片道1時間の通勤時間と小学校受験を両立させるのはものすごく大変でしたが、二人の受験を通して約7年間、子供達と小学校受験に向き合ってきました。

このサイトでは、これまで手作りしてきたプリントを清書して配布しています。

一人でも多くのお子さんやご家族のお役に立てたら幸いです。

目次